行政書士とは、行政の手続きをするスペシャリストで、法律の専門家でもありますし、国家試験(一般的には難しいことが多いでしょう)に受かることによって取得できる資格です。 国家試験(その試験によっても難易度に差があります)に合格して、日本行政書士会連合会に登録すると、行政書士(昭和初期以前は、「行政代書人」という資格だったのだとか)になれます。 同じ法律家でも、弁護士よりも一般的な生活に密着をした法的な手続きをするので、どちらかというと親しみやすい印象があります。 資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)取得しようという人も多く、人気のある資格の一つでしょう。 行政書士(昭和初期以前は、「行政代書人」という資格だったのだとか)の仕事は、許認可系の仕事と法務系の仕事の二つに分けられます。 許認可系の仕点としては、建設業許可や一般貨物運送業許可、産業廃棄物処理業許可などの関係の書類作成や提出があります。 法務系の仕事は、定款作成や議事録作成、契約書、遺言書、離婚協議書、交通事故(一般的には自動車による事故を指すことが多いですね)の示談書の作成などで、依頼人からの相談にのることもあるでしょう。 ここに挙げたものに限った事ではなく、仕事の範囲はとても広く、様々な仕事をしていると言えます。 一般的なイメージとしては、行政手続きの申請書類の代書をする仕事だと認識している方が多いと思いますが、それ以外のこともしてますし、仕事の範囲が大変に広いため、一つのことに特化した行政書士(昭和初期以前は、「行政代書人」という資格だったのだとか)が多いはずですー